競馬 ホクリク 本文へジャンプ
金沢競馬の特徴


◆距離毎の視点


・900戦  使われるのはほとんどが2歳戦で、古馬が走る事は滅多にない。やはりスタートの上手さと、ダッシュ力がモノを言う。新馬戦で55秒台をマークした馬は、後々オープンまで出世すると言われていたりもする。後先考えずにガンガン行くので、見ている側には評判が良かったりするが、「乗っている方は危ないんだよ」とジョッキー達は結構大変なようです。
・千三戦  A級で組まれることは滅多になく、主に2、3歳戦や下級戦で主に使われる。スタートしてすぐに1コーナーが来るため、多頭数の外枠だと外にふられる可能性がある。スピード優先の距離であり、先行力のある馬を狙っていきたい。
・千四戦  これもA級ではあまり組まれないが、例外として重賞の金沢スプリントカップがある。スピード重視の距離であり、千三で良績があれば、千四でも通用すると考えていいだろう。差し・追い込みもソコソコ決まるが、やはり先行タイプの馬が有利と言える。
・千五戦  A級からC級まで幅広く使われている。たかが百メートルの延長なのだが、千四戦までとは違うのがこの距離。千三や千四の成績が通用しなくなる事もあるので、気を付けたい。ジョッキーの心理も違ってくるようで、道中ユッタリ構える事が多い。マイル戦にも満たない距離なのだが、金沢競馬においては短距離戦とは言い難い。
・千七戦  主にA級で組まれており、3歳重賞の北日本新聞杯や2歳重賞ヤングチャンピオンもこの距離。総合力が求められるので、スピードだけで出世してきた馬が、A級入りで頭打ちになるケースはしばしば見られる。先天的な適性もそうだが、折り合いの付かない馬や、ノド鳴りの馬には厳しい闘いが予想される。
・千九戦 距離適性が重視されるのは千七戦と同じ。千七で実績があるのならば、何とかこなせる場合が多い。ただ、苦手苦手と言っている馬でも、道中スローペースになる事が多いので、意外とこなせたりする。

・二千戦

石川ダービー・イヌワシ賞・サラ大賞典・中日杯などがこの距離。基本は1900mの延長線と考えれば良いが、スタートしてから最初のコーナーまでの距離があり、レースはし易くなると距離と言える。

・二一戦

百万石賞、金沢競馬で唯一のグレードレース白山大賞典などがこの距離。

・ニ三戦
本年度の重賞には組まれていない。

・ニ六戦

北國王冠がこの距離。
・まとめ  百万石賞などのビッグレースは大体が長距離にも関らず、競馬場全体としては、千四や千五と言った短距離のウエイトが大きいです。金沢で活躍するためには、スピードはもちろんの事ですが、距離の融通の利くタイプでないと、どこかで頭打ちになるでしょう。



◆脚質から見た視点

・逃げ…連対率は約30.5パーセント  後続の仕掛けが早いのが金沢競馬の特徴で、潰れされていく逃げ馬が多かったのは昔のこと。昨今は馬場の高速化に伴い先行有利、雨でも降った日には逃げ天国と化すこともある。
・先行…連対率は約40.7パーセント  一昔前は好位外が絶好のポジションと言われていたが、最近は逃げが強いので必ずしも2〜3番手が優位とは言えない金沢競馬。連対率は相変わらずのトップで、依然として有利な脚質と言えるが、昔のように外を回ってねじ伏せる展開はあまり見られなくなってきた。
・差し…連対率は約23.7パーセント  先行に次ぐ成績を上げている脚質だ。とは言っても、直線でまとめて交わす「追い込みタイプ」の差しは決まりにくい。道中は中団から進め、3コーナーから徐々に進出してくる「好位差し」が主流だ。
・追い込み…連対率は約5.1パーセント  断トツの最下位。小回りコースと直線の短さがハンデとなっており、レースの主導権を逃げ馬や先行馬に握られてしまいがち。長距離の重賞ともなると話は変わってくるのだが、なかなか力を出し切れない場合が多い。



◆枠順から見た視点


 事故防止のため内を深くしていた金沢競馬。そのため長らく外枠有利と言われてきたが、昨今は明らかにその傾向に変化が。
 内・外の深さはほぼ均一になり、結果外を回りロスが生じた馬が好走するケースはあまり見られなくなった。
 逆に逃げ・先行馬の活躍、イン突きで穴を空けるケースが度々見られるように。
 「先行・内」有利はもはや鉄則と言っていいし、雨が降ると更にそれが顕著になる。内枠軽視は、もはや昔の話としてしまっていいだろう。